懐かしくて、ダサかっこいい──バーバリーの最新コレクション

クリストファー・ベイリーのハッピーなラストメッセージ。2018年3月にバーバリーのデザイナーを退任する彼が手がける最後のコレクションをリポート。

文:日置千弓

TIME、すなわち、時間。それが、バーバリーにおけるクリストファー・ベイリーのラストメッセージのテーマである。過去、現在、そして未来。クリストファーはなかでも遠い過去、自らが15歳だったころにまず着目し、そのストーリーを服で語り始める。

それは、ファッションが熱かった時代のこと。カラフルで奇抜なものがファッショナブルだった頃。まだデジタルは時計にしかなく、カルチャー・クラブやデュラン・デュランをカセットテープで聞いた80年代半ば。

その頃は日本でもベルボトムのなごりのあるパンツを履く人が、まだ一般的だった。パーカは学校の部活のものを着たりしたが、もっときれいな色で揃えた他校のテニス部が、うらやましくて仕方なかった──。

というような時代を感じさせる服が今、最も格好よく見える。自分が体験した過去ではなくても、なぜか懐かしく、その日に帰りたい。だからつい、ヴィンテージショップに行きたくなる。高感度なファッション人間ほど、その傾向にあるから、服飾業界は困る。

しかし、そこにクリストファーは、思い切り「待った」をかけるのだ。自らの過去をアップデートして、もっとかっこよくしたよと教えてくれるのだ。

たとえば発色がソフトで美しいパーカは、ナイロンではなくシルク100%。肩のところにタイダイでアートな柄が浮かびあがり、ヒッピー気分も味わえる。襟もとに配されたシグネチャーチェックは、そのままライナーの全面を覆う。すなわち裏返せばバーバリーチェックを楽しめる、リバーシブル仕様である。

主役級Tシャツ②「新生バーバリーの魅力がストレートに伝わるリュクスなシンプルTシャツなら、旬なロゴデザインも取り入れやすい!」

リカルド・ティッシによる新生バーバリーから提案されたシンプルかつストレートなブランディングロゴTシャツをピックアップ。2018年に新たに発表されたロゴデザインをドンと鎮座させて従来のイメージを刷新。きわめてモダンな印象でシンプルコーデにリュクスなアクセントをプラスしてくれる。ほんのり肩をドロップした上品なゆとりのあるシルエットもグッとくる。

BURBERRY ロゴプリント コットンジャージーTシャツ

ひと目で気になりますバーバリー tシャツ コピー、今のうちに買いませんか

目がしっかりと詰まった生地なので透けにくく、一枚で着ることが出来ます。バーバリー tシャツ コピーサイズはS/M/Lでご用意しました。Sサイズをコンパクトに着てふんわりスカートに合わせたり、Lサイズをゆったり着てショートパンツやスキニーパンツと合わせたり、サイズによって少しづつ異なるシルエットを様々な着方でお楽しみいただけます。

ひと目で気になりますTシャツ、今のうちに買いませんか

定番ネイビーカラーのBURBERRYtシャツは、どんなボトムスでも1枚身に纏うだけでシンプルながらおしゃれに見せられます。

詰まり気味のネックにヘビーウエイトな生地で、何か作業をするときや、たくさん動いて汗をかく日のTシャツとしても持って来いです。長年愛されてきた古き良きアメカジスタイルがBURBERRY偽物(バーバリーコピー)のTシャツで体現されています。

バーバリー tシャツ コピークルーネック ショートスリーブ Tシャツは遠慮なく自宅で洗濯が出来ます。何度洗っても簡単に型崩れしないので、年中着倒したくなる存在になります。

防寒性だけでなく、かなり軽いなアウターですBURBERRY アウター コピー

以前はユーズドなどのBURBERRY アウター コピーカジュアルスタイルなどを楽しんでいたというデザイナーの中村大介さん。「大人になると、全身カジュアルすぎるとちょっとラフになりすぎます。ボトムにカジュアルなアイテムを選んだら、トップスは少しきれい目のアイテムを。そうするとバランスよく決まります」と語る。しかし、ただ綺麗なだけのBURBERRY アウター コピーでは、重かったり、防寒性がイマイチだったりと、機能性が十分でないことも。

防寒性だけでなく、かなり軽いなアウターです

実は、このBURBERRY アウター コピー、綺麗なシルエットをキープしているのに、驚くほど軽い。表地はふんわりとした軽いウール素材を採用し、裏は中綿が入った防風キルトが施されている。やわらかな表地を中綿キルトがしっかりとガードすることによって、軽い、温かい、しかも美しいと、3拍子そろったアウターなのだ。