セレブのルイヴィトンコピーLOUIS VUITTONTシャツが新登場した

夏のルイヴィトンコピーTシャツコピースタイル、生かすも殺すもあなた次第。ロゴでパンチを効かせた主役級の選び方、シンプルTシャツをレイヤードでこなれたスタイリングにする技etc。リアーナやケイト・モスに習って、ひと味違った着こなしを目指して!
 ルイヴィトンメンズtシャツコピーのグラフィックプリントTシャツを着て、LAにてディナーにでかけた。この日は、生きていればホイットニーの51歳のバースデーだったこともあり、おそらく偉大なる先輩への愛とトリビュートをこめてこのTシャツをセレクトしたはず。そんな素敵な思いとともに、リアーナは全体をクールにコーデ。ホワイトデニムと、ルイヴィトンコピーTシャツのロゴとカラーマッチさせたペパーミントグリーンのパンプスで、全体を夏らしい爽やかさを加えた粋なモードスタイルに落とし込んだ。
ユーモアを効かせたTシャツのチョイスで、チャーミングな魅力を振りまいたのがルイヴィトンTシャツコピー。一瞬マルボロのパッケージかと見間違えるルイヴィトンコピーのTシャツだけど、よく見るとそこには「Moreboys(もっと男の子を)」というセンスのいいジョークが! ヘアサロンに行く途中だった彼女は、ルイヴィトンコピー」のにロールアップデニムという、リラックスしたカジュアルスタイル。ルイヴィトンTシャツコピーとレイバンのサングラスで仕上げをして、美に磨きをかけに出かけていった。

【着こなし】18新款ルイ ヴィトンTシャツコピー

ルイ・ヴィトンコピーとシュプリーム、ユニクロとJ.W. Anderson……。2017年のファッション界はコラボレーションの話題が盛んだった。『GQ JAPAN』のファッションカテゴリーで取り上げた2017年のトピックスから、もっとも読まれたベスト10の記事をピックアップした。大ヒットしたあのコラボや2017年を代表する人気アイテム、セレブの注目スタイルなど、今年のファッション・ヘッドラインを振り返ろう。

このコラボについて、『GQ JAPAN』ファッション・ディレクターの森口徳昭は「このデザインクオリティが、ユニクロ本体で実現する日も近いかもしれない。そうならば、ファッション業界が根底から変わる!」と語る。今季に続いて、2018年春夏シーズンも両者によるコレクションが登場するので、お見逃しなく。

2017年はシュプリームコピーが大躍進した年といえる。ルイ・ヴィトン偽物とのコラボをきっかけに、シュプリームコピーはストリートブランドの枠を超えで、老若男女あらゆるユーザーを巻き込んだ。いまやシュプリーム偽物を着ているのはスケートボードを乗るキッズだけでなく、著名な芸能人から88歳のおばあさん、大富豪の15歳の息子まで、ユーザー層の拡大は想像をはるかに超えている。

この現象を察知して、深堀り取材を提案した『GQ JAPAN』デジタル副編集長 岩田桂視は「2010年代の日本のファッションは、ファスト・ファッションがさかんになって、嗜好の細分化が進んだ。同時に、若者にとってファッションはいつの時代も娯楽のメインストリームだったのに、ネット社会の拡大を経るなかでメインストリームの座から滑り落ち、マニアックなサブカルチャーになった感もある。そんななかで登場したルイ・ヴィトンコピーとシュプリームのコラボは、久々に全ファッションメディアを席巻し、マニア以外も巻き込んだ。ポップアップ・ストアに長蛇の列ができ、このときの整理券がネットで高額取引されたとすらいう。想定外のことで、ちょっと沈滞気味だった高級ファッションにカツが入ってよかったと思います」と語る。

話題沸騰の「ルイ・ヴィトンxシュプリーム」スーパーコピー! ルイ・ヴィトンが6月30日に東京・南青山でシュプリーム偽物とのコラボアイテムを販売するポップアップストアを開いた。1万人近い大行列ができたこの限定店はもともと2週間の開催予定だったが、商品完売につきわずか1週間で緊急閉店となった。

この衝撃的なコラボ・アイテムをこっそり購入した森口FDは「ファッションがサブカルチャーになったなんて誰が言った? ドラクエ(ドラゴンクエスト)発売よりも、iPhone発売よりもインパクトは僕の中で強い! ファッションは永遠に不滅です!」と語る。

 

出典:https://gqjapan.jp/fashion/news/20171226/fashion-stories-best-ten-2017